スーパーティーチャー

スーパーティーチャーの役割

教科会への参加による指導助言・公開授業によるモデル授業・他校への出校指導等により、指導の技術や技能を校内及び校外に拡大することで、県全体の教員の教科指導力向上を図ることを使命としています。平成31年度(令和元年度)現在、県下に13名のスーパーティーチャーが配置されています。
>> 参考1:スーパーティーチャーについて(pdf)
>> 参考2:>スーパーティーチャー一覧(pdf)

八代高校・八代中学のスーパーティーチャー

0102

髙木 愼二 指導教諭 (英語)  進路指導主事

社会のグローバル化により、4技能を統合した英語指導のあり方がますます重要視されるようになってきました。大学入試も大きく変化しつつあります。各校の事情に合わせた指導計画の作成や授業計画、興味関心を引きつける発問の工夫など、一緒に考えていきます。また即興型英語ディベートの授業導入や考査問題の作問の研修、教科指導のみならず進路指導に関しても研修をお考えの場合、STの活用をお考えください。毎週火曜と水曜の午後を派遣日として設定しております。

 

 

山村 圭史 指導教諭 (数学)  グローバル改革推進部長

生徒との対話を楽しみながら授業をしています。生徒の考えを引き出し、かつ、それらを全員で共有することで深い学びにつながるような授業にしていくことが目標です。そのためにはタブレットPCや電子黒板、プロジェクタなどのICT機器も大いに役立ちます。授業でICTを活用できる場面や授業がスムーズに流れるための導入などを日々考えています。また、中高一貫校における数学指導の工夫、改善にも取り組んでいます。

 

派遣依頼の手順

03

* 火曜(午後)及び水曜(午後)を派遣日として設定しています。
* 派遣後の礼状等はご遠慮頂きますようお願い致します。
>> >派遣依頼の様式DLはこちら(Wordファイル)

PAGE TOP